予想屋さんの予想

競馬場の入り口近くで大声を出して自分の予想着順を売っている、予想屋さんというものがあります。彼らは競馬専門誌や競馬新聞などの情報を駆使して分析し、自分の見解で買い目を考える、いわば昔ながらの予想の仕方と言えるのではないでしょうか。

重賞レースの開催前には、競馬専門雑誌やインターネット上のサイトで、大々的な宣伝がたくさんの行われています。それらのほとんどは個人の人が行ったものではなく、大企業によるものが多いのです。競馬に関する企業、法人が大々的に宣伝を出しているのです。それらのうたい文句は「的中率100%!」「元手が三倍になります」など甘い言葉で、競馬ファンの欲望をくすぐるような誘惑をしています。

しかし実際のところ、それらのほとんどの馬券予想はあまり信憑性の高いものとはなっていないようです。このような企業は多くの情報を配信しています。そしてそれらは有料で配信されています。情報が多ければ多いほど多岐にわたるわけなので、当たる確立は当然高くなります。が、それと同時に外れる確立も高くなるのです。そして宣伝を出すときには当たった部分だけにフォーカスし、大々的に宣伝しているのです。これにより、あたかも高い的中率を誇っているかのように見せているのです。もちろん優良な情報を配信している企業も中にはありますが、数ある企業の中から、優良な馬券予想を出している企業を見つけ出すのは非常に難しいと言えるでしょう。

高いお金を出してこのような企業から情報を買い、もし馬券が外れたとしても、予想を出したその企業が返金要求に答えてくれる、ということはまず不可能なのではないでしょうか。どうしても返金要求を出したいとしたら、被害届を警察に出すとか、裁判を起こすなどの覚悟が要るのではないでしょうか。馬券予想会社を利用する際はこのような事を念頭におき、慎重になりましょう。こう考えると、料金の格安な予想屋の情報を買ってみるのもいいのではないでしょうか。