賢い馬券の買い方をしよう

日本では金銭を伴った賭け事は法律で禁止されています。しかしながら、「公営競技」として例外的に許される賭け事があります。この公営競技には「競馬」「競艇」「競輪」「オートレース」があります。オートレースは、元アイドルグループの一人がグループを脱退し、オートレースの選手になったのは有名な話でしょう。また競馬はテレビ中継もされており、賭け事には興味がない方でも勝ち馬の発表などは聞いた事があると思います。
G1レース桜花賞予想するならコチラへ。
競馬には中央競馬と地方競馬があります。中央競馬の代表的なものは東京競馬場や中山競馬場、地方競馬は北海道から四国、九州まで全国各地にあります。

公営競技の中で競馬だけが持つ、賭け方の特徴があります。競輪や競艇といったギャンブルはあらかじめ出走人数が決まっています。しかし、中央競馬で行われる、大きなレースなどは参加頭数が定まっていません。地方競馬では出走頭数が多くはなくあまり問題ないのですが、中央競馬では他の公営競技に比べ倍以上の出走数となることが多々あります。このわけは、大きなレースではより多くの方が馬券を買います。当然、多くの賭け金が集まり優勝賞金なども大きくなります。このため参加したい厩舎や騎手が多くなるのです。

しかし出走数が多くなれば、当てる確立は難しくなります。馬券を買う私たちから見ると、買い方に影響が出てしまいます。例えば、競艇は6艘の出走です。常に出走数「6」でレースが行われます。しかし競馬はそれ以上の出走数でレースが行われるので、当てる確立は当然低くなります。さらに1着だけでなく、2着、3着も同時に当てる買い方もありますので、戦略を考えるのはさらに難しくなります。

逆に考えますと当てるのが難しい分、当てたときの配当は高くなります。
桜花賞レース予想するならコチラへ。

また買い方の一つに「複勝」というのがありますが、これは3着以内に入れば当たりとなります。あまり自信の無いレースでは一番人気を複勝で買う、というのも有効な戦略となるでしょう。ただし配当は低くなってしまいます。この買い方は保険として考えるのが、賢い買い方ではないでしょうか。

このページの先頭へ